緩和医療学・臨床死生学研究室のブログ

早稲田大学大学院 人間科学研究科 緩和医療学・臨床死生学研究室のブログです。

2016年度終了◎

早稲田大学大学院 人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室のブログです。

 

 

気づけば先生の誕生日の記事を気楽に書いたまま,

あっという間に時は過ぎて…

 

気づいたら年を越していたどころか,

もう春休みに突入してしまいました!!

 

 

これでは以前の記事で自分が指摘した

「稼働しているのか分からない」状態ではありませんか。

マズイ・・・。

 

私は仕事でもブログを書いているのですが,そちらばかり注力していないで

こちらも更新していきたいと思います。

 

 

前回の記事の後にあった出来事としては,

・学会発表(修士,3年生)

・卒論発表(4年生)

などでしょうか。雑ですみません。

 

f:id:kanwa-shisei:20170210001830j:plain

臨床死生学会にて。

 

 

f:id:kanwa-shisei:20170209194540j:plain

卒論の合同発表会

 

f:id:kanwa-shisei:20170209194547j:plain

不便を感じることもあったと思うのですが,

頑張って書き上げて発表していました。

 

 

2016年度 学会発表

米沢保(城戸咲樹・栗城七夕・高須真由・宮内和香) 2016 大学生が持つ「虐殺」に関する意識調査,日本臨床死生学会,JSCT22ー6

工藤圭以・松浦里佳・大山咲里桜・大塚愛佳 2016 大学生が持つ死生観とSNSを中心としたインターネット行動について,日本臨床死生学会,JSCT22ー24

下川千草 2016 日本の緩和医療/ケアにおけるQOL改善とは何かーQOL関連評価に関する文献レビューー,日本臨床死生学会,JSCT22ー34

石井友恵・小野充一・木元道雄 2016 発症から看取りにおいて,家族が受け止めた「心に深く残る体験」,日本臨床死生学会,JSCT22ー21

石井友恵 2016 乳房喪失後に心理的ストレスからうつ状態になった女性のケアとしてアロマセラピーが奏功した一例,日本アロマセラピー学会,JSA19-38

 

 

2016年度 卒論題目

「戦争が作った女性像」

「動物介在諸活動の現状と課題について」

「日本における死刑制度の現状と今後の在り方」

「精神発達遅滞児を育てる親の語り」

「身体障害を持つ中途障害者の障害受容」

老老介護の介護者支援の現状と未来」

「戦後七十年における東京裁判

「歌舞伎が人の心にもたらした影響」

 

 

お疲れ様でした◎