読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緩和医療学・臨床死生学研究室のブログ

早稲田大学大学院 人間科学研究科 緩和医療学・臨床死生学研究室のブログです。

今年の研究室はこんな感じです

f:id:kanwa-shisei:20161003220354j:plain

本日18時頃のキャンパス。暗い。人いない。寒い。笑

 

 

今日は,私たち緩和医療学・臨床死生学研究室について,少しご紹介。

残念ながら集合写真とかがないので,文字だけです。

 

◇◆

 

現在,大学院生は

博士後期課程の先輩が2名,

修士課程(M1)が2名です。

 

 

院ゼミは木曜日の午後。

基本は先生+修士の2名ですが,時々ゲストが来られることもあります。

(eスクールの方や,別の授業の履修生さんとか)。

 

入学して,ゼミにゲストが来ることにビックリしました(どこもあるのかな?)。

なぜか当日まで分からないので,ドアを開けるまでその日何人で過ごすのか謎です笑。

 

 

内容としては,

春学期(4~7月)は,クリティーク(論文抄読)をしたり,

気になるトピックについて話し合ったりしていました。

 

秋学期(10月~2月)は,クリティークに加え,

学会発表の準備や研究計画書のチェックなど,

だんだん院生らしい内容に入りそうです。

(間に合ってないかもしれないので,戒めのために記載w)

 

 

毎年ゼミの内容は変わっていると思います。

本を輪読したりした年もあったようです。

 

◇◆

 

研究室によって雰囲気は様々だと思いますが,

本研究室の特徴は,殆どの院生がeスクールを出た社会人という点でしょうか。

私は学部卒ですが何年も経ってから社会人入試で入ったので,

ストレートで進学した人が皆無・・・。

 

ですので,平均年齢が高いです笑。

 

 

あとは,ゼミの時間以外は,割と自由に過ごせる研究室だと思います。

研究者になりたいという思いよりは,既に仕事を抱えていて,

その内容などを研究に活かしたい(もしくはその逆)と思っている院生が

多いのではないかと感じます。

 

 

何気なく書きましたが,自由って一見良い言葉ですね。

でもそこには責任も伴うので,ふとした瞬間に

危機感や焦燥感に苛まれることがあります笑。

 

 

と,そんな感じで過ごしています。

何だか逆宣伝になっていないか心配ですが笑。

また書いていきたいと思います◎