緩和医療学・臨床死生学研究室のブログ

早稲田大学大学院 人間科学研究科 緩和医療学・臨床死生学研究室のブログです。

2018年度 特論終了しました

また食べたり飲んだりした記事ですが笑。

 

今年度も無事に「緩和医療学・臨床死生学特論」が終了しました。

毎年恒例になりつつある打ち上げを行いました◎

 

 

今年は小手指駅近くの「熟成肉のHOUSE」さんへ。

 

f:id:kanwa-shisei:20181204180005j:plain

お肉を見つめる先生方。

 

f:id:kanwa-shisei:20181207223823j:plain

 

 

f:id:kanwa-shisei:20181207223817j:plain

貴重な一枚。

立って自己紹介される先生。

 

(以降の方は座って話しました笑)。

 

 

f:id:kanwa-shisei:20181204180133j:plain

 

とにかく美味しかったです!

 

 

数日経った後も、「あのお店美味しかったねー」と

先生方が仰られていたのが印象的でした。

 

 

f:id:kanwa-shisei:20181207223829j:plain

 

特論自体は少人数なのですが、

過去の受講生さんや普段お世話になっている先生方も来ていただけて

賑やかな時間となりました。

 

 

緩和医療学・臨床死生学特論]の講義は

受講生さんの関心によって毎年雰囲気がガラッと変わるので

そんな所も面白いと思います。

 

 

秋学期の木曜3限ですので、

ご興味のある方はぜひ受講してください◎

 

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

早稲田大学大学院人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室

連絡先:m-ono@waseda.jp 

今年もこの季節が到来

食べたり飲んだりした記事ばかりになってしまいますが、

11月は小野先生のお誕生月なので、院生で細やかなお祝いをしました◎

 


f:id:kanwa-shisei:20181108145857j:image

 

今年はホールケーキに格上げ↑↑

 

誰かが箱を破る前に火をつけ、燃やしかけましたw

来年はお皿買っておきます・・・💦

 

 

ちょうど教育コーチの大園先生やeスクールの学生さんが来てくださったので

皆でいただきました◎ 

 

 

f:id:kanwa-shisei:20181108145848j:image

 

ちょっと遠くに置いてしまい、ロウソクの火を消すのに苦労される先生。

「肺活量チェック」と呟く声が聞こえた気がする。

 

 

「写真撮る暇があったら動かしてあげれば良いのに…」と思われた方に、

ぜひ小野研究室に入っていただきたいです笑。

 


f:id:kanwa-shisei:20181113170153j:image

 

小野先生、今年もおめでとうございました!

 

 

 

早稲田大学大学院人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室

連絡先:m-ono@waseda.jp 

2018年度 院ゼミ紹介

2018年度の院ゼミ紹介です。

(2017年度は書いていませんでしたが、大体同じです)

 

 

【大学院メンバー】 

博士後期課程2名

修士課程2名(+休学中1名)です。

 

 

【院ゼミスケジュール】 

木曜日の午後(3~5限の間)に行われます。

※学部ゼミは火曜日の4~5限です。

 

基本は先生+3名で参加しています。

時々ゲストの方が来られることもあります。

(他大学の先生、eスクールの方や、別の授業の履修生さん、見学の方など)。

 

相変わらず当日までメンバーが分からないので

ドアを開けるまでその日何人で過ごすのか謎です笑。 

 

 

今年度の内容としては、主に修論の進捗報告、チェックの時間です。

他に秋学期では、学会発表の準備や別の研究計画書に取り組んだりもします。 

 

毎年ゼミの内容は変わり、修論生不在の年などは

本を輪読したりすることもあったようです。

 

 

【主な年間行事】

9月:ゼミ合宿(今年は開催)

10月:臨床死生学会(院生、3年生発表)

11月:飲み会(緩和医療学・臨床死生学特論の受講生さんなども参加)

1月:卒論提出、修論提出、卒論・eスクール生発表会

2月:修論発表会

3月:謝恩会

 

他、年に数回何らかの飲み会がありますが、強制ではありません。

個人的に飲んだり勉強会をしたりすることはありますが、

全体としてのイベントは少ない方かもしれないですね。

 

 

(以下毎年のコピペ) 

研究室によって雰囲気は様々だと思います。

本研究室の特徴は、殆どの院生がeスクールを出た社会人という点です。 

 

あとは、ゼミの時間以外はあまり拘束されることはありませんが、 

自己責任に委ねられる部分も大きいと感じます。

 

 

と、こんな感じで過ごしています。

何だか逆宣伝になっていないか心配ですが・・・笑。

 

ご興味をお持ちいただきました際は、

下記連絡先(小野先生)までお願いいたします◎

 

 

 

早稲田大学大学院人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室

連絡先:m-ono@waseda.jp

ゼミ合宿@軽井沢でした


f:id:kanwa-shisei:20181113170924j:image

 

今年は2年ぶりにゼミ合宿が開催されました。

 

今年の合宿場所は、軽井沢セミナーハウスです。

 

f:id:kanwa-shisei:20181113170942j:image

 

今年は小野先生に代わり、鷹田佳典先生が春学期の学部ゼミを担当してくださいました。

合宿はその集大成!?

 

学部ゼミ生の学会発表を控え、2日間にかけてKJ法による分析を進めました。

 


f:id:kanwa-shisei:20181113170936j:image

夜は小野先生も交えて飲み会でしたが、写真が一枚もありませんでした笑。

 

 

学部生の皆さんの頑張りで、かなり進んだのではないかと思います。

 

続きは今後のゼミで仕上げていく予定です◎

 


f:id:kanwa-shisei:20181113170949j:image

学部生の皆さん、お疲れさまでした!

 

鷹田先生、春学期の間ご指導いただきありがとうございました!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

早稲田大学大学院人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室

連絡先:m-ono@waseda.jp

2017年度の特論打ち上げ

2017年の緩和医療学・臨床死生学特論が終了しました。


f:id:kanwa-shisei:20171201025408j:image

毎年恒例の打ち上げ◎

 

小野先生と、いつもお世話になっている埼玉石心会病院の岡本先生、受講生、院生で。

 


f:id:kanwa-shisei:20171201025400j:image

お店のご厚意でプレートを出していただきました。

ありがとうございました!

 

 

 

早稲田大学大学院人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室

連絡先:m-ono@waseda.jp

懇親会でした

f:id:kanwa-shisei:20170827001955j:image

趣のあるお店にて。

 

 

今年度は(も)合宿ができなかったので,

代わりにご都合のあった方でお食事会になりました。



f:id:kanwa-shisei:20170827001551j:image

小野先生,教育コーチの大園先生,eスクールの皆さん

 


f:id:kanwa-shisei:20170827001505j:image
OGさんも一緒に。

 

 

卒研生の方はご自身の研究の話などしつつ,

殆どは面白話でしたね笑。

 

 

研究室で新しいことを始めるかも?という話も出たりして,

今後が楽しみです◎

 

 
f:id:kanwa-shisei:20170827001450j:image

お料理,美味しかったです!

追加でお肉もいただけました(先生ありがとうございます!笑)

 

 

f:id:kanwa-shisei:20170827002929j:plain

少人数でしたが,その分ゆっくりお話しできて良かったです^^

来年は合宿できると良いのですが笑。


f:id:kanwa-shisei:20170827001752j:image
また来たいです。

 


f:id:kanwa-shisei:20170827001824j:image

立派な百日紅と柘榴も見れました。

 

夏休みは,もっぱら学会の準備と修論の調査でバタバタしていますが

おいしいご飯で充電できました!

引き続き頑張ります!

春休みもゼミは続く

早稲田大学大学院 人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室です。

 

大学は春休みですが,

院ゼミはあまり変わらないペースで開催されています。

(この制度は今年度だけかもしれないです)

 

 

f:id:kanwa-shisei:20170217000204j:plain

机の上の書類が雪崩れていますw

 

先日は,他ゼミの方もご一緒していただきました◎

新鮮な空気を運んできてくださり,刺激になりました!

 

現在,修士の私たちは研究計画書を書いては直しての繰り返し。

良い気分で新年度を迎えたいです。