緩和医療学・臨床死生学研究室のブログ

早稲田大学大学院 人間科学研究科 緩和医療学・臨床死生学研究室のブログです。院生が更新しています。

いまを生きるための集い「カフェ・カルペディエム」開催

今年度からの試み「カフェ カルペ・ディエム」について紹介します。

 

「カフェ カルペ・ディエム」は、日常生活のなかで感じることはあっても、口に出して話すことや考えることが難しい死生にまつわる様々なテーマについて、お茶を飲みながら気軽に意見を述べ合うことで、いまを生きるための何かを得ようとする集いの場です。

 

詳細は下のリンクよりご参照ください。

cafecarpediem.hatenablog.jp

 

 

そんな「カフェ カルペ・ディエム」。

先日第一回が開催されましたので,簡単に報告します。

 

f:id:kanwa-shisei:20190809215600j:plain

今回は,さいたま市にある新都心ホームケアクリニックさんのスペースをお借りしました。

 

今回のキーノートスピーカー(会の冒頭で話題や情報提供をしてくださる方)は小野先生。

「障害を持って地域で生きることと安楽死の主張をめぐって」がテーマでした。

 

 

その後は,各テーブルで,スピーチテーマに関連したお話に移ります。

ディスカッションではなく,お茶を飲みながら話したい人が自由に話していくスタイルです。

 

f:id:kanwa-shisei:20190809215619j:plain

何か話したいと思った時は,置いてあるぬいぐるみを持ちます。

これにより,今誰に発言権があるかが視認できるという仕組みです。

 

間が空いても大丈夫。

焦らず自分のペースでお話していただくことができます。

 

f:id:kanwa-shisei:20190809215637j:plain

先生もあくまで参加者の一人。

フラットな立場でざっくばらんにお話いただきました。

 

 

f:id:kanwa-shisei:20190809215655j:plain

・ご自身の体験

・家族や友人を見て感じたこと

・勉強して知ったこと

・臨床現場で得たこと

・今その場で思ったこと

 

 

色々なお話が出てくるのが,カフェ形式の良い所だと思います。

また,”発言が強制されない場”という点は,なかなか自分の意見を出すのが苦手な方にも優しい空間ではないかなと感じました。

 

実際,一つのテーブルではテーマと全く関係ない話に終始する場面もありました笑。

それもまた,カフェの醍醐味ではないかと思います。

 

 

そんな「カフェ カルペ・ディエム」は,奇数月の第4日曜日に開催予定です。

(2019年9月現在)

 

第2回についての簡単な概要は,以下の通りです。

第2回「カフェ カルペ・ディエム」ーいまを生きるための集いー

日時:2019年9月29日(日)14:00-16:30(所要時間:2時間30分)

 

場所:新都心ホームケアクリニック

(地図・交通案内)新都心ホームケアクリニック さいたま市中央区上落合,北与野駅 内科,緩和ケア内科,外科,腫瘍内科,がん心療内科 地図、交通案内

 

キーノートスピーカー:早稲田大学大学院 人間科学研究科 緩和医療学・臨床死生学研究室 梅野華乃子

 

テーマ:「自己犠牲(自分のいのちを誰かの為に使うこと)について―『銀河鉄道の夜』蠍の火を題材に―」

 

定員:先着順8名様

※満席になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。

 

会費:500円(飲み物+お菓子、資料代)

※途中退出も可能ですが、その場合でも会費全額を申し受けます。

 

詳細は下のリンク先からご参照ください。

cafecarpediem.hatenablog.jp

 

 

どなたでもご参加いただけます◎

2019年度春学期まとめ

春学期もおつかれさまでした!

ささっと振り返り。

 

f:id:kanwa-shisei:20190809221723j:plain

新年度の飲み会をしたり,

 

 

f:id:kanwa-shisei:20190809215909j:plain

春学期誕生日の院生が多いので,まとめてお祝いしたり

(別名:個人的に食べたいホールケーキを買ってくる会w)

 

 

f:id:kanwa-shisei:20190809215733j:plain

小野先生の出張講義に参加させてもらったり

 

f:id:kanwa-shisei:20190809215800j:plain

お寿司美味しかったですねー。

 

f:id:kanwa-shisei:20190809215820j:plain

名物の巻物も。

こうしてまた,食べたり飲んだりブログとなってしまいました笑。

 

 

夏休みは各自の研究を進めたり,秋学期の学会発表に備えます◎

 

 

◆2019年度春学期 学会発表(口演発表)

従業員の健康状態簡易調査票 (BHCQ) の妥当性・信頼性の検討

第 28 回日本健康教育学会学術大会 2019 坂井裕紀

 

 

【お問い合わせ】

下記連絡先(小野先生)までお願いいたします◎

 

早稲田大学大学院人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室

連絡先:m-ono@waseda.jp

2018年度終了

早稲田大学大学院 人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室のブログです。

 

 

 

遅れましたが2018年度の報告。

 

ゼミの出来事としては,

・合宿

・学会発表(修士,3年生)

修論+卒論提出(4年生)

などでしょうか。毎年雑ですが。

 

f:id:kanwa-shisei:20181113170942j:plain

 

 

今年は久しぶりに合宿ができたのが良かったです◎

 

そして春学期は,小野先生の代わりに鷹田佳典先生に学部ゼミを担当していただき,

大変お世話になりました。

ありがとうございました!

 

f:id:kanwa-shisei:20181209172149j:plain

 

 

2018年度 学会発表

土井菜摘 2018 若者のエンディングノートへの関心について 日本臨床死生学会,JSCT24ー4

※3年生全員で発表準備を行いました◎

石井友恵,小野充一,大園康文 2018 在宅緩和ケアにおけるアロママッサージが患者・家族間のコミュニケーションにもたらす効果,日本臨床死生学会,JSCT24ー24

 

 

2018年度 修論題目

「緩和ケアにおけるアロママッサージの実践が患者・家族・医療スタッフ間のコミュニケーションにもたらす効果」(石井友恵) 

 

 

 

2018年度 卒論題目

「動物型ロボットの今後の可能性から考えるコンパニオンアニマルとの向き合い方」

現代社会におけるゲームが高齢者に与える影響―ポケモンGOブームの背景を受けて―」

「児童期~青年期における家庭環境が及ぼす自己肯定感への影響」

「創作物から考えるAIの人格形成の可能性―AI社会のこれからを考えるー」

生涯スポーツが社会に及ぼす影響」

「ゲーム・アニメ・マンガのワルモノ史」

 

 

f:id:kanwa-shisei:20181207223829j:plain

 

1年間お疲れ様でした◎

 

 

 

【お問い合わせ】

下記連絡先(小野先生)までお願いいたします◎

 

早稲田大学大学院人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室

連絡先:m-ono@waseda.jp

2019年度 院ゼミ紹介


f:id:kanwa-shisei:20190423185632j:image

 

2019年度の院ゼミ紹介です。

 

【大学院メンバー】 

博士後期課程4名

修士課程2名です。

 

 

【院ゼミスケジュール】 

木曜日の午後(3~5限の間)に行われます。

※学部ゼミは火曜日の4~5限です。

 

 

今年度は、各自文献発表や修論・博論に関する発表などを行います。

他に秋学期では、学会発表の準備も入る予定です。 

 

 

【主な年間行事】

時期未定:ゼミ合宿

9月:臨床死生学会(院生、3年生発表)

11月:飲み会(緩和医療学・臨床死生学特論の受講生さんなども参加)

1月:卒論提出、修論提出、卒論・eスクール生発表会

2月:修論発表会

3月:謝恩会

 

 

他、年に数回何らかの飲み会がありますが、強制ではありません。

 

ご興味をお持ちいただきました際は、

下記連絡先(小野先生)までお願いいたします◎

 

 

 

早稲田大学大学院人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室

連絡先:m-ono@waseda.jp

2018年度 特論終了しました

また食べたり飲んだりした記事ですが笑。

 

今年度も無事に「緩和医療学・臨床死生学特論」が終了しました。

毎年恒例になりつつある打ち上げを行いました◎

 

 

今年は小手指駅近くの「熟成肉のHOUSE」さんへ。

 

f:id:kanwa-shisei:20181204180005j:plain

お肉を見つめる先生方。

 

f:id:kanwa-shisei:20181207223823j:plain

 

 

f:id:kanwa-shisei:20181207223817j:plain

貴重な一枚。

立って自己紹介される先生。

 

(以降の方は座って話しました笑)。

 

 

f:id:kanwa-shisei:20181204180133j:plain

 

とにかく美味しかったです!

 

 

数日経った後も、「あのお店美味しかったねー」と

先生方が仰られていたのが印象的でした。

 

 

f:id:kanwa-shisei:20181207223829j:plain

 

特論自体は少人数なのですが、

過去の受講生さんや普段お世話になっている先生方も来ていただけて

賑やかな時間となりました。

 

 

緩和医療学・臨床死生学特論]の講義は

受講生さんの関心によって毎年雰囲気がガラッと変わるので

そんな所も面白いと思います。

 

 

秋学期の木曜3限ですので、

ご興味のある方はぜひ受講してください◎

 

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

早稲田大学大学院人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室

連絡先:m-ono@waseda.jp 

今年もこの季節が到来

食べたり飲んだりした記事ばかりになってしまいますが、

11月は小野先生のお誕生月なので、院生で細やかなお祝いをしました◎

 


f:id:kanwa-shisei:20181108145857j:image

 

今年はホールケーキに格上げ↑↑

 

誰かが箱を破る前に火をつけ、燃やしかけましたw

来年はお皿買っておきます・・・💦

 

 

ちょうど教育コーチの大園先生やeスクールの学生さんが来てくださったので

皆でいただきました◎ 

 

 

f:id:kanwa-shisei:20181108145848j:image

 

ちょっと遠くに置いてしまい、ロウソクの火を消すのに苦労される先生。

「肺活量チェック」と呟く声が聞こえた気がする。

 

 

「写真撮る暇があったら動かしてあげれば良いのに…」と思われた方に、

ぜひ小野研究室に入っていただきたいです笑。

 


f:id:kanwa-shisei:20181113170153j:image

 

小野先生、今年もおめでとうございました!

 

 

 

早稲田大学大学院人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室

連絡先:m-ono@waseda.jp 

2018年度 院ゼミ紹介

2018年度の院ゼミ紹介です。

(2017年度は書いていませんでしたが、大体同じです)

 

 

【大学院メンバー】 

博士後期課程2名

修士課程2名(+休学中1名)です。

 

 

【院ゼミスケジュール】 

木曜日の午後(3~5限の間)に行われます。

※学部ゼミは火曜日の4~5限です。

 

基本は先生+3名で参加しています。

時々ゲストの方が来られることもあります。

(他大学の先生、eスクールの方や、別の授業の履修生さん、見学の方など)。

 

相変わらず当日までメンバーが分からないので

ドアを開けるまでその日何人で過ごすのか謎です笑。 

 

 

今年度の内容としては、主に修論の進捗報告、チェックの時間です。

他に秋学期では、学会発表の準備や別の研究計画書に取り組んだりもします。 

 

毎年ゼミの内容は変わり、修論生不在の年などは

本を輪読したりすることもあったようです。

 

 

【主な年間行事】

9月:ゼミ合宿(今年は開催)

10月:臨床死生学会(院生、3年生発表)

11月:飲み会(緩和医療学・臨床死生学特論の受講生さんなども参加)

1月:卒論提出、修論提出、卒論・eスクール生発表会

2月:修論発表会

3月:謝恩会

 

他、年に数回何らかの飲み会がありますが、強制ではありません。

個人的に飲んだり勉強会をしたりすることはありますが、

全体としてのイベントは少ない方かもしれないですね。

 

 

(以下毎年のコピペ) 

研究室によって雰囲気は様々だと思います。

本研究室の特徴は、殆どの院生がeスクールを出た社会人という点です。 

 

あとは、ゼミの時間以外はあまり拘束されることはありませんが、 

自己責任に委ねられる部分も大きいと感じます。

 

 

と、こんな感じで過ごしています。

何だか逆宣伝になっていないか心配ですが・・・笑。

 

ご興味をお持ちいただきました際は、

下記連絡先(小野先生)までお願いいたします◎

 

 

 

早稲田大学大学院人間科学研究科

緩和医療学・臨床死生学研究室

連絡先:m-ono@waseda.jp